財産トラブルに巻き込まれた利用者、ケアマネの8割近くが担当

高齢者の6人に1人が認知症になるとされる現在、懸念されるのが高齢者の財産管理をめぐるトラブルだ。利用者の生活を支えるケアマネジャーも、このトラブルと無縁というわけにはいかない。ケアマネジメントオンラインの調査では、ケアマネの8割近くが、財産トラブルに巻き込まれた利用者を担当したことがあることがわかった。

ケアマネジメントオンラインでは8月21日から31日にかけて、アンケート調査を実施。居宅介護支援事業所や地域包括支援センターケアマネ559人から有効回答を得た。

担当している利用者の中に、認知症などで財産管理能力が不十分な人がいるかどうかを尋ねた質問では、「いる」と答えたケアマネが78.2%に達した。

■比較的目立つ「押し売り」や「家族」による被害
実際に利用者が巻き込まれた財産管理上のトラブルや被害について複数回答で尋ねたところ、最も多かったのは「本人が(金品などを)紛失した」(46.9%)。

また、「自宅訪問(押し売りなど)」(43.3%)や「家族(親族による金銭の使い込みなど)」(32.6%)、「電話(オレオレ詐欺など)」(18.1%)のように、悪意を持った他者が利用者の財産を脅かしているという答えも一定数、確認された。

一方、「インターネット(携帯やパソコンでの課金トラブル)」(4.3%)や「泥棒」(2.9%)などの被害に遭った利用者を担当したケアマネは比較的少数だった。

担当する利用者が被害に遭ったことはないという回答は22.5%。8割近くのケアマネは、財産をめぐり、何らかのトラブルを抱えた利用者を担当していたことになる。=グラフ=



介護食の基礎知識

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ