通院同行も、半数近くが加算取得せず 理由トップは「業務が煩雑になる」

今年春の介護報酬改定で新設された「通院時情報連携加算」について、利用者の通院に同行したケアマネジャーの半数近くが算定したことがないことが、ケアマネジメント・オンラインが行ったアンケート調査でわかった。その理由としては、「ケアプランへの記録など、業務が煩雑になるから」が最も多かった。

調査は先月30日~今月5日、ケアマネジメント・オンラインの会員を対象にインターネット上で行われ、居宅介護支援事業所のケアマネ361人から回答を得た。

利用者の通院に同行した経験があるかどうか尋ねたところ、全体の93.9%に当たる339人が「ある」と回答。このうち178人は、今年4月以降も通院に同行していたが、その際、「通院時情報連携加算」を算定したことがある人は52.2%(93人)にとどまった。

算定したことがない理由のトップは(複数回答)、「ケアプランへの記録など、業務が煩雑になるから」(55.3%)で、次いで「介護報酬が低いから(月50単位、利用者1人につき月1回まで)」(38.8%)、「その他」(30.6%)、「算定要件がよくわからないから」(22.4%)などと続いた=グラフ=。



「その他」の理由としては、「主治医が多忙にてその都度の情報連携不可」「医師に説明したが伝わらず、病状説明等してもらえなかった」と、医療側との連携がうまくいかなかったとするコメントがあったほか、「ケアプランへの記録があいまいだから」「実地指導の際にいろいろ言われて結局算定できなさそうだから」と、要件の不備を指摘する声なども上がった。

介護食の基礎知識

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ