パソコン苦手なヘルパーに書いた文字を転送 「デジタルペン」

コープかながわは、ホームヘルパーなどをサポートする「デジタルペン」と「話題自動配信ネットワーク」を発表した。
同製品は東京大学と共同開発を行ったもので、いずれもパソコン操作が苦手な場合でも、簡単に情報を管理できるシステムになっているという。

「デジタルペン」は、一見すると通常のボールペンの形をしているが、専用紙に申し送りしたい情報を記入するとその場でデータ化し、専用サーバーに転送する仕組みだ。こうした申し送り事項をヘルパーの携帯電話にメール配信することで、情報をもれなく共有することができる。

「話題自動配信ネットワーク」は、デジタルペンのデータ転送システムと同様にヘルパーの携帯電話に情報を配信するシステムだが、配信する情報は高齢者などの要介護者との会話に役立つ「話題」となる。
コミュニケーションが苦手なヘルパーでも、共通の話題情報を事前に知ることで、円滑な会話や、介護サービスの質の向上を目指すとしている。
同社では、2009年度にケアサポートセンターで働く約480名のヘルパーに対し、実際に試用した上でシステム化を行ったという。

デジタルペンを使用した様子

■取材協力
◎コープかながわ

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ