「引き算方式」の認知症介護を提案――エルダリーケアサービス

指定訪問介護通所介護を行う株式会社日本エルダリーケアサービスは、同社が認知症介護方法として取り入れている「引き算方式」の考え方を広める活動を始めた。

「引き算方式」とは、700件以上の認知症の方の実例をもとに、同社の認知症専門相談員の右馬埜(うまの)節子さんが提案する介護方法。認知症の人が思い込んでいることを正したり、説得したりする事、すなわち正しい情報としての「今」を知らしめようとすることは、いじめであり混乱を来たすとして、たとえ事実と反していても受容し対応していくという考え方。

ひとは、生まれた時から多くの学習を重ね、知能を獲得していく。しかし、脳の病気によって蓄積した知能を失うことがある。この蓄積を〈足し算〉とし、消失を〈引き算〉と考えた。

引き算の世界に入ると、情報の混沌・遮断から自分を取り巻く「今」を正しく理解することができなくなり、日常生活に支障が出る。従って現実離れした言動が増え、いわゆる“訳のわからない人”になってしまう。認知症の人には、同じ世界で付き合う事こそ肝要だという。

現在、認知症高齢者は約170万人に上り、15年後には約300万人を超えると予想されているなど、認知症は身近な病気となってきている。しかし、いまだ理解し難い病気と捉えられ、介護面でも敬遠されがちだ。

そこで同社は、冊子『認知症介護 引き算のすすめ≪心得10カ条≫』を作成し、同社の各営業所や、認知症相談センターのWEBサイト(認知症の専門医である「あしかりクリニック」院長、芦刈伊世

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ