GHのケアマネ、「1事業所に1人以上」に―厚労省が改正案

厚生労働省は、グループホームでのケアマネジャーの配置基準を見直す方針を示した。現行では、ユニットごとに計画作成担当者として「認知症介護実践者研修を修了したケアマネ」を配置することになっている(※1)が、改正案では、1つの事業所に「認知症介護実践者研修を修了したケアマネ」を1人以上置けばよいとしている。

グループホームの約6割がケアマネの採用に苦労している実態などを踏まえた改正案で、16日の社会保障審議会介護給付費分科会で示した。

また厚労省は、1つの事業所が配置できるユニット数についても、基準を変更する案を提示した。具体的には、原則2つ(※2)まで認められているユニットの併設を、3つまで認めるとしている。

改正案に対し、強い反対意見は出なかったことから、いずれも、来年春の介護報酬改定で実現する見通しだ。

■複数ユニットを担当する可能性があるのは?
厚労省が示した改正案では、「2ユニット以上の場合、2人の計画作成担当者が必要となる」とする方針は維持された。そのため、今回の基準改正に伴い、複数のユニットの計画作成を担当する可能性があるのは、3つのユニットを抱えるグループホームケアマネとなる。また、兼務できるユニット数も事実上、2つまでに限定されたことになる。

※注1:2ユニット以上の場合、2人の計画作成担当者が必要となるが、いずれか1人が介護支援専門員の資格を持っていればよい。ただし、2人とも「認知症介護実践者研修修了者」でなくてはならない。

※注2:用地の確保が困難であることなど、地域の実情により事業所の効率的運営に必要と認められる場合は、ユニットの数を3とすることも認められる。

介護食の基礎知識

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ