介護の技能実習生、6月にも初来日へ―中国人女性2人

介護職種の外国人技能実習生の第一陣として、中国人の女性2人が、6月にも来日する見通しであることが分かった。監督機関の「外国人技能実習機構」(東京都港区)が今月1日付で、入国に必要な実習計画を初めて認定した。

監理団体となる「宮崎ウッド事業協同組合」(宮崎県西都市)によると、2人はいずれも40歳代で、受け入れ先となるのは、同県内で有料老人ホームグループホームを運営する介護事業者だという。

外国人技能実習制度は、開発途上国などの人に技術や知識を身に付けてもらい、母国でそれを生かしてもらうことで、日本の国際貢献につなげることを目的とした制度で、1993年に創設された。対象となるのは農業や建築業などが中心だが、昨年11月の法律の施行に伴い、初の対人業務として、介護が新たに加わった。

技能実習生は、最長5年間の在留資格を得ることができる。法務省入国管理局によると、来日中の技能実習生の数は、昨年末時点で約27万人に上るという。

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

注目の用語

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ