介護職員の巻き爪などの処置、要治療でなければ医師法抵触せず―経産省

経済産業省は20日、特別養護老人ホーム有料老人ホームなどにおける巻き爪や分厚くなった爪の処置などについての考え方を示した。治療の必要がない巻き爪や分厚くなった爪については、介護職員らが処置をしても医師法には抵触しないなどとしている。

産業競争力強化法に基づく「グレーゾーン解消制度」の活用結果として公表した。

それによると

・軽い巻き爪や、軽度に肥厚した爪を切ったり、爪ヤスリでやすりがけをしたりする
・ひざから足首までの「下腿」や、かかとなどの「足部」に医薬品ではない保湿クリームを塗る
・かかとなどの「足部」の角質が分厚くならないよう、グラインダーで角質を取り除く
・足浴の実施

―については、医師が治療の必要がないと判断すれば、介護職員らが行っても医師法に抵触しないとしている。

経済産業省のホームページ

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

注目の用語

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ