東京都、離職者118名がヘルパー2級研修受講後に雇用予定

東京都は、8月31日、「東京都介護雇用プログラム事業」の受託事業者を決定し公表した。
離職者を介護現場に雇用し、介護分野の人材の確保と育成を図ることを目的とした同事業は、今年10月から来年3月までの半年間にわたり、ヘルパー2級の資格取得を目指す離職者を新規に雇用する受託事業者を募集するもの。
7月公募の結果、応募のあった19事業者を選定した結果、118人の離職者の新規雇用が見込まれた。

受託事業者は、離職者を有期雇用契約労働者として新規に雇用し、介護施設などで就労させながら、雇用期間中の勤務の一部として、介護福祉士養成施設の講座やヘルパー2級課程の養成講座を受講させる。

介護雇用プログラムの受託事業者にはニチイ学館、日本生科学研究所など大手介護事業所がいずれも各20名ずつ離職者を雇用する予定で、全体の過半数を占めた。

【東京都介護雇用プログラム受託事業者一覧】

【東京都介護雇用プログラム事業概要】

■問い合わせ
東京都福祉保健局高齢社会対策部介護保険
TEL:03-532-4267

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ