【速報】3年延期!介護福祉士600時間受講義務、2015年施行に

厚生労働省は、7月29日、介護福祉士資格取得の実務経験ルートで600時間受講の義務化について、予定していた2012年度施行を3年延期し2015年度の施行とする方針を発表した。

3年延期は、同日開かれた「第4回今後の介護人材養成の在り方に関する検討会」の中間まとめ案の中で示された。
現在は介護福祉士国家試験を実務経験ルートで受験する場合、3年以上の実務経験で受験できるが、2007年の社会福祉士介護福祉士法改正により、2012年4月施行後は実務経験に加え600時間以上の研修受講が義務付けられていた。

同検討会ではこれまで、新たに課せられる600時間の研修を巡って検討が重ねられ、今回の中間まとめ案でも賛否意見とその理由がページを割いて掲載されていた。が、まとめ案の中でわずか4行にわたり「その施行は3年後程度とすべき」という記載があり、出席委員らは一様に「突然3年間延期が記載されている」と、とまどいの声をあげた。

厚生労働省は延期理由について、今年5月に事業所・施設に実施した介護職員研修の実施状況を調査した結果から「2012年度施行に対応できない事業者や従事者が多数いる。年間15万人いる受講者に新たな養成課程を受けてもらうには準備が必要」と回答した。

会議終了後、記者団にとり囲まれた厚生労働省社会・援護局福祉基盤課福祉人材確保対策室の泉潤一室長は、「施行を延期するには社会福祉士介護福祉士法の改正も必要。改正法案の提出時期については政務三役など政治レベルの相談になる。600時間の時間数も含めて全体の議論を深める必要がある」とコメントした。
次回会議は9月に開催される予定。

■関連記事
介護福祉士資格「取得したい」64.5%――人材養成会議レポート2

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

注目の用語

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ