高機能タイプの在宅酸素の新機種、保険適用でレンタル開始

帝人ファーマ株式会社は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などで在宅酸素療法を行っている患者向けに、省エネ・高機能タイプの在宅医療用酸素濃縮装置の新機種「ハイサンソ 7R」を、7月8日より全国の医療機関に向けて順次レンタルを開始した。

今回レンタルが開始された新機種は、多くの患者のニーズに応えた、「安全」「安心」「省エネ」「使いやすさ」をコンセプトとしており、7リットルタイプ(1分間に最大7リットルの酸素を供給できる)では業界最小の消費電力の酸素濃縮装置。機器の運転状況や異常発生を24時間・365日、自動的にモニタリングするシステムに対応している。

同社は現在、国内の在宅医療用酸素濃縮装置市場で約60%のシェアを占めており、今回の新機種投入により従来の2〜5リットルタイプの各機種と併せ、酸素濃縮装置のラインナップを一新している。

■健康保険適用(患者負担)
1割負担の場合:7,680円/月
2割負担の場合:15,360円/月
3割負担の場合:23,040円/月
(いずれも携帯ボンベ・デマンドバルブを併用した場合)

【製品概要】
■製品名:「ハイサンソ 7R」(認証番号222AHBZX00009000)
■販売業者及び製造業者:帝人ファーマ株式会社
■仕様と性能:
 ・供給酸素濃度:90% -3/+6(全流量設定値において)
 ・流量設定:10段階に設定可能
(1.00、1.50、2.00、2.50、3.00、3.50、4.00、5.00、6.00、7.00L/分)
 ・消費電力:297W(流量設定が7L/分の場合)
 ・運転音:34dB(A)以下 *無響室において
 ・警報機能:濃度、流量、圧力、停電、流量不設定、加湿器
 ・寸法(mm):395(幅)×396(奥行)×719(高さ)
・重量:39kg

◎帝人ファーマ

■関連記事
在宅酸素療法時の火災注意、2m以内の火器は厳禁――厚労省
・帝人ファーマ、新しい痛風・高尿酸血症治療剤の製造販売承認を申請

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

注目の用語

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ