<認知症検査>日本初!10分間の電話でわかるMCI検査

ティーペック株式会社は、米国で研究・開発されすでに高い評価を得ている認知機能チェックテストの日本語版を保有する株式会社ミレニアと提携し、これまで判別が困難だった認知症の「前駆段階」とされる軽度認知障害(MCI)を、電話による10分程度の質問を行うだけで判別できる軽度認知障害の検査「軽度認知障害スクリーニングテスト(あたまの健康チェック)」(以下略称「MCIS」)の一般生活者への発売および、企業・自治体などへの提供を9月1日に開始した。

厚生労働省の調査によると、65歳以上の高齢者のうち認知症の人は推計15%で、2012年時点で約462万人に上り、さらに認知症になる可能性がある軽度認知障害高齢者も約400万人と、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症もしくは軽度認知障害と推定されている。また認知症高齢者数は2002年から2012年の10年間で倍増しており、2025年には認知症が人口の4%を占めると推定され、認知症および軽度認知障害に関する早急な対応が求められている。

このテストでは、「加齢に伴う正常な物忘れ」と「認知症の前駆段階とよばれる軽度認知障害」を、電話による10分程度の質問を行うだけで、97.3%の高精度で判別することができる検査「MCIS」を通じて、軽度認知障害を早期に発見する。
また、軽度認知障害と判別された方に対して、軽度認知障害に関する正しい情報提供、生活習慣に対する指導や治療、定期的な「MCIS」の受検など、早期に適切な予防や治療を実施することを指導し、認知症の発症予防や遅延、さらにはトレーニングや運動を通じた軽度認知障害の軽快ないし完治へと繋げていく。

「MCIS」の開始により、今までは病院に通い長時間と高額な費用を要していた検査を、短時間かつ安い費用で、いつでも・どこでも・誰でも簡単に受けることが可能となる。

「MCIS」は現在、先行して一部の自治体(愛知県尾張旭市:WHO健康都市)や医療機関(医療法人社団山形愛心会、医療法人社団愛優会等)にて利用されている。従来の検査では見逃しやすかった軽度認知障害を9割以上の確率で発見できる検査結果や、受検された方から「最近、物忘れが多く不安だったが、チェックを受けて安心できた」「結果がわかりやすく、生活習慣に気をつけて過ごしたいと思った」などの感想が寄せられるなど、好評を博していることもあり、今後の期待値も高い。

◎ティーペック株式会社
http://www.t-pec.co.jp/service/mci.html

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ