高齢者が飲み込みやすいフィルム状の高血圧症後発薬――興和テバ

ジェネリック医薬品の発展を目指す興和テバ株式会社は、2010年1月、高血圧症治療のフィルム状後発薬「アムロジピンODフィルム興和テバ」を発売する。

同薬品は、特許が切れた高血圧治療薬「アムロジピン」の成分を厚さ0.8mmの薄いフィルムに含まれており、縦14mm、横20mmほどの大きさになっている。ODフィルムは水なしで服用可能で、服用時に喉の引っ掛かりがないため、飲み込む力が落ちた高齢者嚥下障害がある人も容易に服用できる。
新薬と同じ主成分、効き目、安全性を持ちながら薬価が約半額〜7割程度に設定されているジェネリック医薬品でフィルム状のものは珍しい。

■取材協力
興和テバ株式会社
救急薬品工業株式会社

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

注目の用語

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ