手軽な家庭用吸入器発売――のど、鼻の不快感を解消! 

オムロン ヘルスケア株式会社は、細かな粒子のスチームがたっぷり出て、のどやはなの粘膜にうるおいを与える吸入器の新商品として、安全に使っていただくための新機能を搭載した「オムロン吸入器NE-S19」)を、11月1日に発売した。

炎症を起こしたのどや鼻を温かいスチームで加湿して粘膜の再生作用を助け、イガイガやムズムズなどの不快な症状を改善する吸入器は、空気が乾燥し風邪が流行する11月〜2月、花粉症のシーズン2月〜5月にかけて需要が高まる。

「NE-S19」は、毎分約6mLのたっぷりのスチームが粘膜にすばやく浸透し、のどのイガイガや、鼻のムズムズなど不快な症状を緩和。スチームは安定した約13ミクロンの細かい粒子のため、のどや鼻の奥まで均等にしっかり届き、粘膜にうるおいを与える。

特長は、家庭の使用を想定した安全性に配慮し、1)スチームの噴霧が終了すると自動的に電源が切れる「オートパワーオフ機能」、2)ボイラータンクに水が入っていない状態で電源を入れると、電源ランプが点滅して知らせ、自動的に電源が切れる「空焚き防止機能」、3)吸入中に誤って本体を倒してしまった場合にやけどなどの事故を防ぐため、本体底面に「安全スイッチ」を搭載、と3つの安全機能を備えた。

「のど吸入」と「鼻吸入」の切り替え、スチーム量や温度の調節は簡単にできるため、小さな子供から高齢者まで、利用者それぞれの気になる部位や症状に合わせて、最適なスチームでの吸入が可能となる。またボイラーカップや吸入口、ノズル、温度調節ルーバなどの部品は簡単に取り外せて水洗いが可能のため、いつも清潔な状態で使用できる。

1kgを切る軽量、扱い易さに加え、1万円を切る金額での流通が見込まれるため、家庭での吸入器利用が高まりそうだ。

  

■商品名:オムロン 吸入器 NE-S19
■電源:AC100V 50/60Hz
■消費電力:250W
■噴霧時間:スチーム量(少):約10 分 (多):約7 分
■噴霧粒子径:3〜50μm
■ボイラータンク容量:約40mL
■使用環境温湿度:+10〜+40℃・30〜85%RH
■本体質量:約970g(吸入口カバーを除く)
■外形寸法:幅約110×高さ約248×奥行き約279mm
■販売価格:オープン価格(想定市場価格9,980円前後)

◎オムロン ヘルスケア

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ