介護ロボットで加算届け出は5.8%―改定後の調査で厚労省

昨年春の介護報酬改定に伴い、見守り機器を導入している特別養護老人ホーム特養)などで「夜勤職員配置加算」の要件が見直されたが、この緩和措置を活用して同加算を届け出ている施設や事業所は全体の5.8%にとどまることが、厚生労働省の調査で分かった。

同年春の改定では、特養ショートステイ事業所を対象に、入所者の15%以上に見守り機器を導入し、施設や事業所内に安全管理に関する委員会を設置することなどを条件に、同加算の夜勤職員の最低基準が「0.1人分」緩和された。介護ロボットが介護報酬上で評価されたのは初めて。

同省は昨年10月、改定後の影響や介護ロボットの実態などを把握するため、全国の5029施設・事業所に調査を行い、全体の36.7%に当たる1845施設・事業所から有効回答を得た。

このうち、見守り機器を導入している特養(地域密着型を含む)とショートステイ事業所合わせて583施設・事業所に、緩和措置を活用して同加算を届け出たかどうかを尋ねたところ、届け出ていたのは全体の5.8%にとどまった。

届け出ていなかった529施設・事業所に対して、その理由を複数回答で聞くと、「見守り機器の導入(0.1人分の要件緩和)がなくても人員配置基準を満たしている」が55.0%で最も多く、次いで「要件(入所者の15%以上)を満たす見守り機器の台数を導入していない」(31.4%)などと続いた。

◎厚労省のホームページ

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ