いつまでも元気でいてもらうために高齢者の暮らしで気をつけたいこと

ほっとこらむ ささえびと

杖や介護用ベッドなどの福祉用具は、高齢者の体の一部ともいえる大切なツールです。そんなツールを扱うダスキンヘルスレントの各ステーションは、高齢者の生活を支えるプロが集う場所。いわば「ささえびと」たちの仕事場です。このシリーズでは、「ささえびと」たちにとって忘れられないご利用者とのエピソードを紹介していきます。

最後の時まで名前を呼んでくれたご利用者

数年前、独居のご利用者様を担当させて頂いたことがありました。「透析に通っているうちに体力が落ち、自宅での暮らしが不便になってきた」ということだったので、まずは、あがりかまちやトイレにレンタルの手すりを付けることを提案。その後、体の状況に応じて、介護ベッドなども提案させて頂きました。

特に記憶に残っているのは、立ったり座ったりする際に使う昇降座椅子を提案した時です。最初は「邪魔にならへんの?」と心配なさっていましたが、ちょっと試して頂いただけで、便利さを理解されました。実際にご自宅で使われるようになってからも「昇降座椅子があるおかげで、好きなものを自分で買いに行ける。家に帰ってこたつで暖まることもできる。自分なりの生活を続けることができている」と、とても喜んでいらっしゃいました。

独居のご利用者様ということもあり、道具の交換や調整が必要な時以外でも、できるだけ訪問し、その様子を見守るようにしていました。訪問といってもアポなしですから長く話すわけにはいきません。せいぜい、玄関先で「調子はいかがですか?」などと一言、二言、言葉を交わす程度。まさに「顔を出す」だけでしたが、それでも、ずいぶんうれしそうなご様子だったと記憶しています。

その方が亡くなられたのは病院でした。亡くなられた後、福祉用具を引き上げるためにご自宅に伺った際、ご家族から「病院で息を引き取る時まで『優凛(ゆうりん)さん、優凛さん』と、言っていましたよ」とお聞きしました。

いつも一つの仕事を終えるたび、「この対応や提案でよかったのか」と悩み続けることばかりですが、この時だけは、自分のなした仕事に得心することができました。そして、いつも自分自身やスタッフに言い聞かせている「目先の利益を求めに行くのではなく、よろこびの種をまきに行く」ということを、少しだけ実現できたようにも感じられました。

話し手
ダスキンヘルスレント・ 枚方ステーション
店長・伊藤優凛さん

ダスキンヘルスレントについて詳しくはこちら

ダスキン
介護食の基礎知識

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ