介護にかかる費用

介護保険の支給について

介護を行っていくうえでは様々な費用が発生しますが、項目によって介護保険サービスの適用となるものとならないものがあります。但し介護保険サービスの適用とならないものでも、個別に市区町村によって助成が行われているものもあります。

【介護保険適用外となるもの(例)】

おむつ代、病院までの交通費など

介護保険サービスは認定された要介護度別に支給限度額が設定されています。また受けるサービスが在宅系介護か施設系介護かでも支給額が変わります。

介護サービス費支給限度額と費用【在宅系介護の場合】

要支援1だと約5万円、要介護5だと約36万円まで介護サービス費用の給付が行われ、利用者はその1割を自己負担する必要があります。(介護サービス給付費支給限度額)
また、実際のサービスにかかる費用は、[要介護度][サービスの種類][サービス量][事業所のある地域]によって金額に幅があります。

要介護 支給限度額/月 自己負担額/月(1割負担の場合) 住宅改修 福祉用具購入 ケアプラン事例
要支援1 約50,030円 約5,003円 1回20万円
(自己負担2万円 ※1割負担の場合)
10万円/年
(自己負担1万円 ※1割負担の場合)


要支援2 約104,730円 約10,473円

要介護1 約166,920円 約16,692円

要介護2 約196,160円 約19,616円

要介護3 約269,310円 約26,931円

要介護4 約308,060円 約30,806円

要介護5 約360,650円 約36,065円


介護サービスの利用には、その人に必要なサービスを複数組み合わせた毎月のケアプラン作成が必要です。また、その中で支給限度額をオーバーした分は全額自己負担となります。実際には介護保険サービス以外の費用も毎月必要となってくるため、介護保険サービスの1割負担分を支払うのが難しくなり限度額いっぱいまで利用していない人も多いのが現状です。

ここに注意!

要支援1、要支援2の対象者(介護予防サービス利用者)は、1ヶ月あたりの定額制として設定されているため、実際の利用回数が少なくても一律支給限度額の1割を負担する必要があります。

介護サービス費と費用【施設系介護の場合】

施設の種類によって各介護度による介護サービス給付費は変わります。利用者はその1割を自己負担する必要があります。施設系介護の場合は、個別の身体状況・必要なサービス内容に関わらず介護サービス給付費が満額利用され、その金額分の介護サービスを施設側が提供するという前提になっています。また利用者は、別途居住費や食費、生活に必要な費用(消耗品代など)を支払う必要があります。

(基準費用額)

種類 区分 日額
食費 1,380円/日
居住費 ユニット型個室 1,970円/日
ユニット型準個室 1,640円/日
従来型個室 特別養護老人ホーム(短期入所生活介護) 1,150円/日
介護老人保健施設・介護療養型病床群(短期入所療養介護) 1,640円/日
多床室 320円/日

(利用者負担段階)

利用者負担段階 対象者
第1段階 生活保護受給者、老齢福祉年金受給者で市民税世帯非課税
第2段階 市民税世帯非課税で、合計所得金額と課税年金収入額が80万円以下の方
第3段階 市民税世帯非課税で、利用者負担段階第2段階以外の方
第4段階 本人は市民税非課税だが、同じ世帯内に市民税課税者がいる方
本人が市民税を課税されている方

(負担限度額)

種類 区分 第1段階 第2段階 第3段階 第4段階
食費 300円 390円 650円 負担限度額なし
居住費 ユニット型個室 820円 820円 1,310円 負担限度額なし
ユニット型準個室 490円 490円 1,310円
従来型個室 特養等 320円 420円 820円
老健・療養等 490円 490円 1,310円
多床室 0円 370円 370円

●特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームを利用できるのは要介護1以上の高齢者です。利用する居室タイプによって料金が変わります。また、地域や介護サービスの強化状況(各種加算)により費用負担が増える場合もあります。医療費も別途費用です。

<従来型多床室のケース例>

要介護度 介護サービス費/月(30日) 自己負担額/月(30日) 居住費(施設によって異なります) 食費(施設によって異なります) 月額利用料(30日計算)
要介護1 189,000円 18,900円
(630円×30日)
9,600円
(320円×30日)
41,400円
(1,380円×30日)
69,900円
要介護2 209,700円 20,970円
(699円×30日)
71,970円
要介護3 231,000円 23,100円
(770円×30日)
74,100円
要介護4 251,700円 25,170円
(839円×30日)
76,270円
要介護5 272,100円 27,210円
(907円×30日)
78,210円

<ユニット型個室のケース例>

要介護度 介護サービス費/月(30日) 自己負担額/月(30日) 居住費(施設によって異なります) 食費(施設によって異なります) 月額利用料(30日計算)
要介護1 197,700円 19,770円
(659円×30日)
59,100円
(1,970円×30日)
41,400円
(1,380円×30日)
120,200円
要介護2 218,700円 21,870円
(729円×30日)
122,370円
要介護3 240,600円 24,060円
(802円×30日)
124,560円
要介護4 261,600円 26,160円
(872円×30日)
126,660円
要介護5 282,300円 28,230円
(941円×30日)
128,730円

●介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設(以下:老健)を利用できるのは要介護1以上の高齢者です。利用する居室タイプによって料金が変わります。また、地域や介護サービスの強化状況(各種加算)により費用負担が増える場合もあります。

※老健は、常勤の医師がいて必要な医療をおこなうことから、医療費は介護サービス給付費から支払われます。このことから、持病によっては入所が制限されたり、老健の医師による指示の無い外部病院受診はできないなどの制限があることがあります。入所の際に、よく確認しましょう。

<従来型多床室のケース例>

要介護度 介護サービス費/月(30日) 自己負担額/月(30日) 居住費(施設によって異なります) 食費(施設によって異なります) 月額利用料(30日計算)
要介護1 235,800円 23,580円
(786円×30日)
9,600円
(320円×30日)
41,400円
(1,380円×30日)
74,580円
要介護2 250,200円 25,020円
(834円×30日)
76,020円
要介護3 269,100円 26,910円
(897円×30日)
77,910円
要介護4 285,000円 28,500円
(950円×30日)
79,500円
要介護5 300,900円 30,090円
(1003円×30日)
81,090円

<ユニット型個室のケース例>

要介護度 介護サービス費/月(30日) 自己負担額/月(30日) 居住費(施設によって異なります) 食費(施設によって異なります) 月額利用料(30日計算)
要介護1 236,700円 23,670円
(789円×30日)
59,100円
(1,970円×30日)
41,400円
(1,380円×30日)
124,170円
要介護2 250,800円 25,080円
(836円×30日)
125,580円
要介護3 270,000円 27,000円
(900円×30日)
127,500円
要介護4 285,900円 28,590円
(953円×30日)
129,090円
要介護5 301,800円 30,180円
(1006円×30日)
130,680円

●介護療養型病床群

介護療養型病床群を利用できるのは、病状が安定期にあり、医学的管理のもとで、長期間にわたる療養や介護が必要な要介護1以上の高齢者です。利用する居室タイプによって料金が変わります。また、人員配置や、地域、介護サービスの強化状況(各種加算)により費用負担が増える場合もあります。

<従来型多床室のケース例>

要介護度 介護サービス費/月(30日) 自己負担額/月(30日) 居住費(施設によって異なります) 食費(施設によって異なります) 月額利用料(30日計算)
要介護1 233,700円 23,370円
(779円×30日)
9,600円
(320円×30日)
41,400円
(1,380円×30日)
74,370円
要介護2 266,100円 26,610円
(887円×30日)
77,610円
要介護3 336,000円 33,600円
(1,120円×30日)
84,600円
要介護4 365,700円 36,570円
(1,219円×30日)
87,570円
要介護5 392,700円 39,270円
(1,309円×30日)
90,270円

<ユニット型個室のケース例>

要介護度 介護サービス費/月(30日) 自己負担額/月(30日) 居住費(施設によって異なります) 食費(施設によって異なります) 月額利用料(30日計算)
要介護1 234,600円 23,460円
(782円×30日)
59,100円
(1,970円×30日)
41,400円
(1,380円×30日)
123,960円
要介護2 267,000円 26,700円
(890円×30日)
127,200円
要介護3 336,900円 33,690円
(1,123円×30日)
134,190円
要介護4 366,600円 36,660円
(1,222円×30日)
137,160円
要介護5 393,600円 39,360円
(1,312円×30日)
139,860円

●グループホーム(認知症対応型共同生活介護(介護予防))

グループホームを利用できるのは要介護1以上(介護予防の場合は要支援2以上)の高齢者です。利用する施設が1ユニットか2ユニット以上の構造かで介護サービス給付費が変わります。また、地域や介護サービスの強化状況(各種加算)により費用負担が増える場合もあります。別途居住費、食費、生活に必要な費用(水道光熱費、消耗品代、医療費など)が必要です。
グループホームに関しては、国に定められた負担軽減の処置はありませんが、自治体によって助成が行われているところがあります。
また、施設によっては「入居申込金」「入居時保証金」「入居お預かり金」などとして申し込み時に10~100万円程度徴収することがあります。全額返金されるもの、必要経費(リフォーム代など)を差し引かれて返金されるもの、返金されないものがありますので、確認しましょう。

<Aグループホーム(1ユニット)例>

要介護度 介護サービス費/月(30日) 自己負担額/月(30日) 居住費 水道光熱費 食費 月額利用料(30日計算)
要支援2 239,400円 23,940円
(798円×30日)
54,500円
(1,820円×30日)
19,500円
(650円×日)
24,000円
(800円×30日)
121,940円
要介護1 240,600円 24,060円
(802円×30日)
122,060円
要介護2 252,000円 25,200円
(840円×30日)
123,200円
要介護3 259,500円 25,950円
(865円×30日)
123,950円
要介護4 264,600円 26,460円
(882円×30日)
124,460円
要介護5 270,000円 27,000円
(900円×30日)
125,000円

<Bグループホーム(2ユニット以上)例>

要介護度 介護サービス費/月(30日) 自己負担額/月(30日) 居住費 水道光熱費 食費 月額利用料(30日計算)
要支援2 235,500円 23,550円
(785円×30日)
69,000円
(2,300円×30日)
21,000円
(700円×30日)
31,500円
(1,050円×30日)
145,050円
要介護1 236,700円 23,670円
(789円×30日)
145,170円
要介護2 248,100円 24,810円
(827円×30日)
146,310円
要介護3 255,600円 25,560円
(852円×30日)
147,060円
要介護4 260,700円 26,070円
(869円×30日)
147,570円
要介護5 265,800円 26,580円
(886円×30日)
148,080円

●軽費有料老人ホーム・ケアハウス

軽費老人ホームは社会福祉法に定められた福祉施設の1つで、「A型」「B型」「ケアハウス(C型)」の3つに分けられます。
A型・B型は、60歳以上で、家庭の事情で家族との同居が困難な人、身寄りのない人が、自治体の助成を受け少ない自己負担で入居できる施設です。A型は食事サービスや日常生活に必要なサービスを受けられ、B型は自炊を基本としています。ケアハウスと呼ばれる「C型」は、60歳以上で自炊ができない程度の身体機能の低下がある人や、独立して暮らすには不安がある人を対象とした施設で、食事サービスや日常生活に必要なサービスを受けることができます。特定施設入居者生活介護の認可があれば介護サービスも受けることができます。
費用は「生活費(食事サービス、生活サービスなどの経費)」「居住費」「事務費」「個別費用(水道光熱費、娯楽費など)」があります。生活費は国が定める全国一律料金で、11~3月は冬季費用として加算されます。
事務費は施設経営のための人件費・施設運営費などにあたるもので、前年度の収入によって助成があり金額が変動します。
また、施設によっては「入居申込金」「入居時保証金」「入居お預かり金」などとして申し込み時に10~100万円程度徴収することがあります。全額返金されるもの、必要経費(リフォーム代など)を差し引かれて返金されるもの、返金されないものがありますので、確認しましょう。

<ケアハウス 例>

区分 対象収入による階層区分 事務費 生活費 管理費 合計
4月~10月 11月~3月 4月~10月 11月~3月
1 1,500,000円以下 単身 10,000円 44,810円 46,880円 8,000円 62,810円 64,880円
2 ~1,600,000円 単身 13,000円 44,810円 46,880円 8,000円 65,810円 67,880円
3 ~1,700,000円 単身 16,000円 44,810円 46,880円 8,000円 68,810円 70,880円
4 ~1,800,000円 単身 19,000円 44,810円 46,880円 8,000円 71,810円 73,880円
5 ~1,900,000円 単身 22,000円 44,810円 46,880円 8,000円 74,810円 76,880円
6 ~2,000,000円 単身 25,000円 44,810円 46,880円 8,000円 77,810円 79,880円
7 ~2,100,000円 単身 30,000円 44,810円 46,880円 8,000円 82,810円 84,880円
8 ~2,200,000円 単身 35,000円 44,810円 46,880円 8,000円 87,810円 89,880円
9 ~2,300,000円 単身 40,000円 44,810円 46,880円 8,000円 92,810円 94,880円
10 ~2,400,000円 単身 45,000円 44,810円 46,880円 8,000円 97,810円 99,880円
11 ~2,500,000円 単身 50,000円 44,810円 46,880円 8,000円 102,810円 104,880円
12 ~2,600,000円 単身 57,000円 44,810円 46,880円 8,000円 109,810円 111,880円
13 ~2,700,000円 単身 64,000円 44,810円 46,880円 8,000円 116,810円 118,880円
14~18 2,700,001円以上 単身 68,800円 44,810円 46,880円 8,000円 121,610円 123,680円

<ケアハウス(特定施設入居者生活介護)介護サービス費>

要介護度 介護サービス費/月(30日) 自己負担額/月(30日)
要支援1 58,800円 5,880円(196円×30日)
要支援2 135,900円 13,590円(453円×30日)
要介護1 168,000円 16,800円(560円×30日)
要介護2 188,400円 18,840円(628円×30日)
要介護3 210,000円 21,000円(700円×30日)
要介護4 230,400円 23,040円(768円×30日)
要介護5 251,400円 25,140円(838円×30日)

●有料老人ホーム

内容については「健常者向け」から「介護が必要な方向け」のものまで、入居条件は「入居時自立」「要支援まで」「介護度に関わらず身の回りのことができる方」「要支援1以上」「要介護1以上」など運営事業者によってさまざまに設定されています。
入居金(前払い家賃)と月額利用料の負担があり、土地建物等の不動産的要素、建築コスト、メンテナンスコスト、ランニングコスト、介護・看護体制による人件費などの影響が費用に大きく反映されています。
入居金は0円~数億、月額利用料も15万円程度~40万円まで大きな開きがあります。

「介護付有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)」の認可を受けたホームは、「特定施設入居者生活介護」として介護サービス費の給付を受け、入居者が介護サービスを受ける場合はその1割を負担します。地域や介護サービスの強化状況(各種加算)により費用負担が増える場合もあります。別途、居住費(家賃)、食費、管理費、生活に必要な費用(水道光熱費、消耗品代、医療費など)が必要です。

「介護付有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)」の認可を受けていない「住宅型有料老人ホーム」で介護サービスを受ける場合は、「在宅サービス適用」となり介護度による支給限度額までは1割負担で利用することができます。地域や介護サービスの強化状況(各種加算)により費用負担が増える場合もあります。介護付と同じく、別途、居住費(家賃)、食費、管理費、生活に必要な費用(水道光熱費、消耗品代、医療費など)が必要です。

<A介護付有料老人ホーム(要介護者向け) 例>
●入居金 580万円

要介護度 介護サービス費/月(30日) 自己負担額/月(30日) 居住費 管理費 食費 月額利用料(30日計算) 別途費用
要支援1 58,800円 5,880円
(196円×30日)
69,000円
(2,300円×30日)
42,000円
(1400円×30日)
57,750円
(1,925円×30日)
174,630円 医療費、娯楽費、消耗品代など
要支援2 135,900円 13,590円
(453円×30日)
182,340円
要介護1 168,000円 16,800円
(560円×30日)
185,550円
要介護2 188,400円 18,840円
(628円×30日)
187,590円
要介護3 210,000円 21,000円
(700円×30日)
189,750円
要介護4 230,400円 23,040円
(768円×30日)
191,790円
要介護5 251,400円 25,140円
(838円×30日)
193,890円

<B住宅型有料老人ホーム(要介護者向け) 例>
●入居金 780万円

要介護度 介護サービス費/月(30日)
※限度額満額利用の場合
自己負担額/月(30日) 居住費 管理費 食費 月額利用料(30日計算)
※限度額満額利用の場合
別途費用
要支援1 49,700円 4,970円 54,000円
(1,800円×30日)
45,000円
(1,500円×30日)
51,000円
(1,700円×30日)
154,970円 医療費、娯楽費、消耗品代など
要支援2 104,000円 10,400円 160,400円
要介護1 165,800円 16,580円 166,580円
要介護2 194,800円 19,480円 169,480円
要介護3 267,500円 26,750円 176,750円
要介護4 306,000円 30,600円 180,600円
要介護5 358,300円 35,830円 185,830円

●サービス付高齢者住宅(高齢者専用賃貸住宅)

内容については「健常者向け」が多いですが、最近は「介護が必要な方向け」のものも増えています。
敷金・礼金クラスの前払い金で入居できるところから高額なところまで、見守りサービス等各種サービスの充実度など、金額も内容もさまざまです。

介護が必要になったときは、特定施設入居者生活介護の認可をうけているホームの場合は、介護付有料老人ホームと同様、「特定施設入居者生活介護」として介護サービス費の給付を受け、入居者はその1割を負担します。地域や介護サービスの強化状況(各種加算)により費用負担が増える場合もあります。別途、居住費(家賃)、食費、管理費、生活に必要な費用(水道光熱費、消耗品代、医療費など)が必要です。

「特定施設入居者生活介護」の認可を受けていない場合は、「住宅型有料老人ホーム」と同様、「在宅サービス適用」となり介護度による支給限度額までは1割負担で利用することができます。地域や介護サービスの強化状況(各種加算)により費用負担が増える場合もあります。介護付と同じく、別途、居住費(家賃)、食費、管理費、生活に必要な費用(水道光熱費、消耗品代、医療費など)が必要です。

<サービス付高齢者住宅 例>
●入居時費用:敷金(月額賃料の2ヶ月分)

賃料 管理費 基本サービス料 合計 別途費用
月額費用 100,000円 30,000円 26,250円 156,250円 食費、水道光熱費、消耗代、交際費、医療費など
※オプションサービス
昼食:500円 夕食:600円

(注)サービス付高齢者住宅・高齢者専用賃貸住宅の料金表には食費が含まれていないことが多い

○介護が必要になった場合の介護サービス費
(特定施設入居者生活介護 認定あり)

要介護度 介護サービス費/月(30日) 自己負担額/月(30日)
要支援1 58,800円 5,880円(196円×30日)
要支援2 135,900円 13,590円(453円×30日)
要介護1 168,000円 16,800円(560円×30日)
要介護2 188,400円 18,840円(628円×30日)
要介護3 210,000円 21,000円(700円×30日)
要介護4 230,400円 23,040円(768円×30日)
要介護5 251,400円 25,140円(838円×30日)

(特定施設入居者生活介護 認定なし)

要介護度 介護サービス費/月(30日) 自己負担額/月(30日)
※限度額満額利用の場合
要支援1 49,700円 4,970円
要支援2 104,000円 10,400円
要介護1 165,800円 16,580円
要介護2 194,800円 19,480円
要介護3 267,500円 26,750円
要介護4 306,000円 30,600円
要介護5 358,300円 35,830円

●シニア向け分譲マンション

シニアを対象にした分譲マンション。所有権があり、売買・相続・贈与・賃貸が自由にでき、資産として持つことができます。分譲価格は2000万円台~数億まで。
内容は健常者向けで、介護予防のための設備やプログラムの運営、管理された食事の提供、介護・医療体制などは管理費でまかない、自治組織(管理組合)で監督をしていきます。
介護が必要になった場合は、在宅サービスを利用します。

管理費 修繕積立金 合計 別途費用
月額費用 60,000円 25,000円 85,000円 食費、水道光熱費、消耗代、交際費、医療費など

○介護が必要になった場合の介護サービス費
(特定施設入居者生活介護 認定なし)

要介護度 介護サービス費/月(30日) 自己負担額/月(30日)
※限度額満額利用の場合
要支援1 49,700円 4,970円
要支援2 104,000円 10,400円
要介護1 165,800円 16,580円
要介護2 194,800円 19,480円
要介護3 267,500円 26,750円
要介護4 306,000円 30,600円
要介護5 358,300円 35,830円

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ