ケアプラン作成

介護保険サービスを利用するには、ケアマネジャー(介護支援専門員)にケアプラン(介護支援計画書)作成の支援をしてもらいます。ケアプランは本人や家族が行うこともできますが、手続きが複雑なため、一般的にはケアマネジャーに依頼します。
介護認定がおり、要支援および要介護と認定されると、まずケアマネジャーを選びます。ケアマネジャーは、その人の生活や体の状態について細かく話を聞き、今後どのような生活を送りたいか、そのためにどのようなサービスを活用すべきかなどのアドバイスを行います。

→ケアプラン票(サンプル)

ケアプランは一度作成すれば終わりではなく、心身の状態の変化や利用する人の要望に応じて、プランを変更することができます。そのためケアマネジャーは月に1回は自宅を訪問し、状態に変化はないか、サービスに不都合はないかなどを聞き取り、よりよいケアプランにつなげていきます。

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ