腹部大動脈瘤

 横隔膜より下の腹部大動脈に発生した動脈瘤(血管の内側にできたこぶ)で、大動脈瘤のなかで、もっとも頻度の高いもの。とくに、両側の腎動脈が枝分かれした後にできる瘤がもっとも多く、両側下肢へ分岐する血管(総腸骨動脈)が瘤化したり、逆に、閉塞や狭窄を合併することがよくある。 症状として腹痛や腰痛が持続し、増強するときは切迫破裂(破裂の直前)と考え、救急対応を要する。破裂すると、激しい腹痛とともに、腹腔内出血や後腹膜血腫が生じ、血圧が急激に低下してショック状態となり、放置すると死に至る。

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ