成年後見制度

知的障害・精神障害・認知症により判断能力が十分でない本人にかわり、十分に判断能力を備えた人物が、財産管理や介護保険サービスの利用手続きなどを行うことにより、本人が安心して生活できるように保護、支援するための制度。 申し立ては、依頼人(本人)・配偶者・4親等内の親族・及び検察官など、法律で規定された者が行う。本人を援助するために適任と認められ、代理人としての法的権限が与えられた人を「成年後見人」という。

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ