インターン制度

1946年から1968年まで、医学部卒業生に課せられた「診療実施修練」のこと。かつては、インターン教育を終了していないと、医師国家試験を受験できなかったが、1967年に東大医学部のインターン生が中心となり起こした「医師国家試験ボイコット運動」がきっかけとなって、東大紛争がはじまり、1968年には「インターン制度」そのものが廃止されることとなった。 現在では、医師国家試験合格後、卒後臨床研修(卒後研修)として2年間病院で勤務することが義務付けられており、この期間は「研修医」と呼ばれ、いわば医者の見習い期間となる。

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ