問題行動

認知症の高齢者や知的障害者などに見られる行動で、徘徊・失禁・乱暴・性的問題・不潔行為・食事異常などを指しすが、現在では「問題行動」は蔑視的な意味合いを含むとして、BPSD(認知症の周辺症状、行動・心理症状)と呼ばれることが多い。こうした行動にはほとんどの場合原因があると言われ、それを改善することにより拘束など利用者の行動を抑制する必要がなくなると言われている。

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ