ブドウ糖

グルコースともいう。糖の一種であり、代表的な単糖の一つ。デキストロースとも呼ばれる。人間を 含む、動物や植物が活動するためのエネルギーとなる物質の一つである。 血液中のブドウ糖の濃度を調べることで、糖尿病、膵炎などの判定に用いられる。 体内での役割は、食事から摂取された炭水化物は小腸でブドウ糖に分解され、体内に吸収される。体 内では主要なエネルギー源として利用されており、特に脳での通常時のエネルギー源として利用され ている。 エネルギー源として重要である反面、高濃度のブドウ糖は生体に有害であるため、インスリンなどに よりその濃度(血糖)が常に一定範囲に保たれている。食後には大量のブドウ糖が体内に吸収される が、体内のインスリンが十分に機能しないと血糖のコントロールができなくなり、糖尿病や高血糖症 などの症状が現れる。

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ