盗られ妄想

盗られ妄想とは、お金や物を誰かに盗られたと訴える妄想のことをいいます。 妄想とは非現実的なことを信じて疑わないことで、痴呆性老人が介護者を「泥棒!」と言い張ったりします。 これには、介護をされているということに対する心理的負担(自分が相手に負担をかけているのではなく、自分が相手に負担をかけられているのだと信じ込むことにより、打ち消しているとも考えることができる。)が働いているという考えがあり、妄想を異常とみなすのではなく「どうしてその妄想が必要なのか」という点を理解し、それを改善することにより、妄想をなくそうとするのが介護の方法として重要とされています。

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ