通所リハ事業所、サービス未提供・リハ加算の虚偽で指定取消

三重県は、9月21日付で、医療法人社団山虎会が運営する、通所リハビリテーション事業所「医療法人社団山虎会 イセ虎の門クリニック」の指定を取り消すと発表した。

県によると、同事業所は、2009年5月〜2009年8月の期間、実際には行っていない通所リハビリサービスを、あたかも提供したかのように虚偽の記録を作成し、介護報酬を不正に請求していた。また、算定要件として月8回以上の通所が必要な「リハビリテーションマネジメント加算」についても、要件を満たしているように諸記録を装い、介護報酬を不正に請求していた。

さらに、2008年2月〜2010年1月までの期間、居宅サービス計画に位置付けられた所要時間のサービスを提供していなかったにもかかわらず、介護報酬を減額することなく不正に請求していた。

不正請求額は、423万8,143円にのぼり、保険者である津市、四日市市、松阪市が、課徴金を含めた593万3,400円の返還を求めていく。

今回処分を受けた医療法人社団山虎会は、今後5年間、指定居宅サービスを行うことができない。なお、今回処分を受けた通所リハビリテーション事業所は、2010年7月から介護保険事業を休止しているため、利用者への影響は出ていない。

【事業所概要】
法人名:医療法人社団山虎会(さんとらかい)
法人所在地:東京都新宿区市谷田町1-1-3
事業者名:医療法人社団山虎会 イセ虎の門クリニック
所在地:津市西丸之内25-33
サービス種類:指定通所リハビリテーション
指定年月日:2008年2月1日

◎三重県

■関連記事
・監査で虚偽報告、責任者のかけ持ち業務など、指定取消――熊本県
・611回の訪問介護サービス虚偽など、兵庫の2事業所指定取消

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ