横浜市では初、グループホームが指定取り消しに

横浜市は、8月16日、「有限会社 心のつどい」が運営する、認知症高齢者グループホーム「心のつどい 大和園」に対し、書類を偽造して指定申請を行い、介護報酬などを不正受給していたとして、9月30日付で指定を取り消すと発表した。

市によると、同法人は、指定申請を行う際と施設整備補助金の申請時に、土地所有者と「土地賃貸借契約」を結んでいないにもかかわらず、契約書を偽造して市に提出していた。

同法人は、指定時から今年6月までの介護報酬と加算金40%(約4,300万円)、施設整備補助金(1,500万円)など、現段階の判明分だけでも約5800万円を不正受給していた。市は支給した報酬などの返還を求めている。

同法人は市内で別のグループホーム「心のつどい 藤塚園」(保土ケ谷区)も運営しており、市は、同法人の役員による組織的関与が認められたとして、同ホームも来年5月の指定期間終了をもって指定更新を行わないことを決めた。

現在、同ホームでは9人が入所しており、市は転居先の確保など、継続してサービスが受けられるように、事業者を指導するとともに、適切な対応が取れるように支援していくとしている。

なお、同市での地域密着型サービス事業者の指定取り消しはこれが初めて。

【事業所概要】
事業所の名称:「心のつどい 大和園(やまとえん)」
開設者:有限会社 心のつどい
事業所の所在地:神奈川県横浜市中区大和町1-1-4
サービスの種類:認知症対応型共同生活介護介護予防認知症対応型共同生活介護
指定年月日:2009年3月1日

◎横浜市

□関連記事
・処分
・元職員への脅迫や監査妨害――悪質な介護事業所が指定取消
・虚偽の指定申請で、2事業所が指定取り消し処分――兵庫県

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ