認知症対応型共同生活介護

グループホームともいう。5人~9人以下のグループを1ユニットとし、寝室(個室)とリビングやキッチンを共有する形式の施設で、小単位で家庭的な生活を送る「ユニットケア方式」をとる。軽度~重度の認知症高齢者とスタッフが共同で生活しながら、入所者ができることは、ともに助け合いながら行うことで、残脳能力の維持・向上に効果があるとされる。

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ