糖尿病におけるインスリン分泌低下のメカニズムを発見

東京大学医学部附属病院は12月2日、2型糖尿病におけるインスリン分泌低下のメカニズムを解明したと発表した。

現在、890万人の患者がいるといわれている2型糖尿病は、膵臓のβ細胞から分泌されるインスリンの量が減少して、全身でインスリン作用が低下し、血糖値が上昇する病気。今回、同病院 糖尿病・代謝内科の植木浩二郎准教授らは、インスリンの作用はβ細胞自身においても重要であり、インスリンによって活性化されるPI3Kがインスリンの分泌を調節する鍵分子であることを解明した。

実験によると、β細胞だけでPI3Kを働かなくしたマウスでは、インスリンの分泌を調節する様々なタンパクの量が低下し、ブドウ糖に反応して分泌されるインスリンの量が低下した。一方、PI3Kの働きを回復させると、インスリンの分泌も回復した。また、肥満糖尿病(メタボ型)のマウスでもPI3Kの量や働きが低下しており、インスリンの分泌が減少していた。

これらのことから、PI3Kの働きを強める作用があるインスリンの分泌が低下するとβ細胞でのインスリンの作用が弱くなり、PI3Kの働きが悪くなって、ますますインスリンの分泌が低下するという悪循環に陥っていることが明らかとなった。

今回のメカニズム解明は2型糖尿病治療の新規治療法に直結する発見であり、β細胞でのPI3Kの働きを高める薬物が、この悪循環を断ち切る糖尿病治療薬として期待される。

◎東京大学医学部付属病院

■関連記事
介護保険利用時にはケアマネの基礎資格の確認を――シンポジウムレポート
糖尿病、4割が職場で公表せず――ビジネスマン糖尿病実態調査

介護食の基礎知識

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ