高血圧症患者の4割が「隠れ腎障害」――民間調査

大日本住友製薬株式会社は、この度、高血圧症に潜む「隠れ腎障害」の実態を把握するため、腎障害の早期診断の指標となるアルブミン尿について、高血圧患者約9,000人を対象とした国内初の全国横断的な大規模調査を実施した。
その結果、高血圧患者の約4割で、尿中アルブミンが異常域を呈していることが明らかとなった。

尿中アルブミン測定は、慢性腎臓病および心血管疾患発症の予知因子として有用であることは多くの疫学研究で証明されているが、これまで、日本の高血圧患者における尿中アルブミンの実態は不明な点が多くあった。今回の調査結果により、日本人高血圧患者のアルブミン尿の実態が明らかとなり、同時に要因解析を行うことでアルブミン尿を呈するリスクの高い患者背景も明らかになった。

■調査結果の要旨:
・高血圧患者(国内推定患者数約4,000万人)の約4割に尿中アルブミン異常域の可能性
・尿タンパク定性検査で陰性でも、約3割が尿中アルブミン異常域の可能性
・高血圧患者において、血圧高値、糖尿病、喫煙などがアルブミン尿を呈するリスクを増加

同社は今回の実態調査結果を基に、多くの患者がよりよい治療を受けられるよう、引き続き医療関係者への情報提供活動に努めると同時に、ホームページ上で患者や家族に向けた情報サイト「高血圧合併症」を展開し、情報提供を行っており、高血圧症に潜む‘隠れ腎障害’の早期発見・早期治療の重要性を一人でも多くの方に知ってもらうため啓発活動にもさらに尽力していくという。

■情報サイト「高血圧と合併症」

◎大日本住友製薬

介護食の基礎知識

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ