心血管疾患

心臓・血管など循環器における疾患のこと。病変の主座に応じて、心臓病と血管疾患とがあり、心臓病によるものは先天的な異常に起因するものと、後天的に異常が生じたものに大別される。先天的な異常に起因するものは先天性心疾患と称される。一方、後天的に異常が生じたものは、不整脈、虚血性心疾患、心臓弁膜症、組織における感染・炎症に分けられる。 血管疾患によるものは動脈疾患と静脈疾患とに大別され、動脈疾患には、変性疾患、炎症性疾患、先天性疾患、機能性疾患に分けられる。一方、静脈疾患には、炎症性のものとして血栓性静脈炎、静脈血の還流障害として下肢静脈瘤や上大静脈症候群がある。

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ