アルツハイマーの原因物質、血管内にも――早期発見の道ひらく

福島県立医科大学医学部生化学講座の橋本康弘教授らは、独立行政法人理化学研究所などとの協働研究チームにおいて、アルツハイマー病原因物質の脳血管内皮細胞タイプを発見し、米国の科学雑誌にその成果を発表した。

アルツハイマー病は、脳実質にアミロイドベータペプチド(Aβ)が蓄積することが原因で発症すると考えられているが、実際には9割近い患者の脳血管壁にもAβが蓄積することが確認されている。今回の研究では、脳血管内皮細胞にもこのAβがあることを発見した。

アルツハイマー病にかかる経済コストは2010年の時点で、世界のGDPの1%を占めると報告されており、認知症対策の重要性が高まっている。日本でも推定60万人の患者がいるとされ、治療には早期発見が重要とされている。そんななか、今回の発見は、血液検査でもアルツハイマー病かどうかを診断できることを示唆しており、今後、アルツハイマー病脳血管性認知症などの認知障害の早期診断マーカーになる可能性が見いだされた。

◎福島大学

■関連記事

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ