加齢黄班変性

加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気。 加齢黄斑変性には大きく分けると萎縮型と滲出型の2つの種類があり、萎縮型は網膜色素上皮が徐々に萎縮していき、網膜が障害され視力が徐々に低下していく。 滲出型は異常な血管(脈絡膜新生血管)が脈絡膜から網膜色素上皮の下あるいは網膜と網膜色素上皮の間に侵入して網膜が障害される。異常な血管は正常の血管と異なり血液の成分を漏出させたり、血管が破れたりするため、網膜が腫れたり(網膜浮腫)、網膜下に液体が溜まる(網膜下液)。そのために網膜が正しく働かなくなり視力が低下する。血管が破れると出血となり網膜を障害する。

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ