投稿者
kurashi_4524 さんの体験談 2014-10-03 15:59:46
一緒に住んでいる 80歳代実母 に関する体験談   要介護3
認知症 の診断歴あり

母は病院に殺されました。(介護を終えての体験談)

脳出血で入院。主治医から問題行動で強制退院。自宅で様子見ましたが、
私の食事も何かが悪かったのかもと後悔しています。お粥にできるだけ、刻んでの食事。ところが、数日後再度下血。再入院し、絶食点滴、絶食状態で鎮静剤を与えられ、意識もうろうになり、主治医の指導で個室にいました。毎日、仕事をしながら病院へ泊まり込み、朝自宅へ洗濯物をしに戻るという生活。
仕事中に病院から危篤の連絡が入りました。看護師が薬を喉に詰めて、窒息状態で酸素濃度上がらなくなったとのことでした。慢性誤嚥肺炎起こしていたこともその時にわかりました。

救急病院なのに、信じられませんでした。肺炎起こしているのも、見てもらえていなかったなんて。
次の日、母は死去しました。20年前膜下出血で手術し、左手麻痺が残りながらも、前向きに頑張っていました。大腿骨骨折や大腸ポリープや腎盂腎炎や転んで顔を強打して入院などなど。長い年月支えあいながら、今日まで来ました。あの強制退院を断り、もう少し冷静になっていれば、母は死ぬことは、なかったのかも知れません。大変後悔しています。
先生怖い人になっちゃったとかお家に帰りたいと言っていたのに、もしかしたら、病院の怖さを感じ取っていたのような気がします。
もう少しの辛抱だからね。と慰めてしまった。母に心から謝りたい。
これから私はどうしたらいいのか、支えがなくなり不安です。

お気に入りに登録
会員登録すると、気になる体験談ををお気に入りに登録して
新規のコメントがあった場合に通知されるようになります。

会員登録すると、気になる体験談ををお気に入りに登録して
新規のコメントがあった場合に通知されるようになります。

コメント内容をご覧いただくには、ログインが必要です。
>> 新規会員登録(無料)はこちら

Yahoo! JAPAN IDŃOC

介護の体験談をシェア!

体験談をシェアするにはログインが必要です。
介護の体験談をシェアする
このページのトップへ