離職防止で介護ロボットを無料レンタル―千葉市

介護職員の離職防止につなげようと、千葉市は、市内の特別養護老人ホーム特養)と介護老人保健施設老健)を対象に、介護支援ロボット「HAL」を無料で貸し出す事業を始める。約半年ごとに2施設ずつ、3年間で計12施設に貸し出す予定。市によると、茨城県つくば市や三重県鈴鹿市で同様の事例があるが、全国的にも珍しい取り組みという。

介護支援ロボットをめぐっては、国が2015年度の補正予算で、1施設・事業所当たり最大300万円を補助する方針を示したが、想定を超える応募があったため、その後、92万7000円に減額された。千葉市でも当初、20カ所以上の介護施設などから、「HAL」の導入に関する応募があったが、国が補助額を引き下げると辞退が続出。市では、こうした介護現場のニーズに加え、介護職員が腰痛で離職するケースも多いことから、事業の開始を決めたという。

市が無料で貸し出すのは、腰部に装着する「腰タイプ」。肌に貼り付けた電極シートを通して脳の信号を読み取り、介護者の動作をサポートし、移乗介助の際の腰への負荷を軽減する。今回、機器のレンタルは無料だが、電極シートの費用は施設の持ち出しとなる。費用は1回当たり百数十円程度という。

6月から始まる第1期の応募は来月14日まで。市では、介護支援ロボットの導入に対する意欲や施設側の課題などを考慮して、対象施設を決めるとしている。

◎市のホームページ

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

注目の用語

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ