入院時の手続きの費用で「混合診療」を容認へ―厚労省

一人暮らしの患者の増加で、医療機関側が入院の手続きの際、役所とのやり取りなどで費用を負担している実態があることから、厚生労働省は、こうした費用を治療費などと一緒に患者に請求できるようにする。今後、官報に告示し、具体的な運用事例などを通知する。

保険外サービスの費用と公的医療保険の費用を併せて請求することは、「混合診療」として原則禁止されているが、外来の予約料や病院の個室の料金(差額ベッド代)など、10項目の費用は現在、「選定療養」として例外的に徴収できる。

厚労省は今回、自分の手術動画などを希望する患者の増加を受け、こうした費用についても選定療養として認める方針。

◎厚労省のホームページ

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

注目の用語

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ