消費者庁、介護ベッド用手すりによる事故発生に伴い注意喚起

消費者庁は10月1日、介護ベッド用手すりのすき間に頭や首、手足などを挟む事故が発生していることを受け、注意喚起を行った。

発表によると、問題となっている介護ベッドの手すりはパラマウントベッド社製のもので、1992年から2000年にかけて製造したもの。
同社の手すりによる事故はこれまでに7件(死亡2件、重傷5件)発生しており、介護ベッドメーカー各社の手すりによる事故はこれまでに37件にも上るという。

パラマウントベッドでは、2001年10月からベッド手すりのすき間を埋めるための対策品(T字型の簡易部品)を無償で配布しているが、今回事故のあった施設では、この対策品を入手していなかった。
消費者庁では、必ず対策品を使用するとともに、製品の使用に際して不具合や不安などがある場合には、製造事業者または販売事業者などに相談するよう呼び掛けている。

製品本体

すき間を埋めるためのT字型簡易部品

簡易部品の装着後の図

※画像はすべて消費者庁発表資料から抜粋

◎消費者庁
◎消費者庁ニュースリリース

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ