サ高住を選びやすく 情報提供システムに運営情報を追加―高齢者住宅推進機構

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の登録情報をインターネットで公開するシステムに、生活相談サービスなどの運営情報が追加される。情報提供システムの事務局を置く高齢者住宅推進機構が発表した。

従来の情報提供システムではサ高住の住戸面積や家賃などの情報を公開していたが、登録情報だけでは運営の実態がわかりづらく、適切なサービス選択がしにくいという課題があった。2016年5月の「サービス付き高齢者向け住宅の整備等のあり方に関する検討会報告書」 でも、登録情報の充実や第三者が住宅やサービスを評価する仕組みの構築が必要とされたことを受け、運営情報を追加することとなった。
今後は、サ高住の必須サービスである状況把握・生活相談サービスを中心に、入居者情報や事業者の運営方針などの情報を提供する。

事務局では、事業者に積極的な情報公開を求めており、4月21日から情報の入力を開始、5月末からの公開を予定している。
 
高齢者住宅推進機構 ニュース
http://www.shpo.or.jp/news/topic/353?page_category=single

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

注目の用語

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ