33.7%が介護の人員、サービスの質が足りないと回答―熊本県

熊本県は「2016年県民アンケート調査結果(県民生活や県の取組みに関する意識調査)について」を公表した。県内在住の満20歳以上の男女1,500名を対象に実施し、有効回答者数は、802名(回収率53.5%)。
「熊本地震や防災」や「高齢者福祉介護」等、14項目について調査を行った。

高齢者福祉介護」の項目で「いつまでも生きがいを持ち、住み慣れた地域で安心して生活できる社会を実現するために、何が足りないと思うか」とたずねたところ「介護に従事する人の確保や介護サービスの質の確保・向上」と答えた人が、33.7%にのぼった。次いで、「認知症になっても安心して暮らせるための施策」が32.7%、「在宅で医療介護サービスを受けるための体制づくり」が31.7%という結果に。

県では同調査の結果を今後の政策立案等に必要な基礎資料としていく。

(イメージ)

◎熊本県 2016年県民アンケート調査結果(県民生活や県の取組みに関する意識調査)について
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_19214.html?type=top

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

注目の用語

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ