敬老祝い金配布に、新宿区長みずから100歳以上の高齢者を訪問

年金の不正受給など、全国的に高齢者の所在不明問題が相次ぐ中、自治体では生存確認などの調査が行われているが、新宿区は9月の敬老の日を前に、区内在住の100歳以上の高齢者を対象に祝い金を区長みずから訪問して手渡しすることを区報などで公表した。
また、70歳から99歳までの高齢者に対しては、地区の民生委員が訪問し、年齢に応じて5,000円〜3万円のことぶき祝い金が届けられる。

新宿区では、毎年、区長による高齢者訪問を実施しており、100歳以上の高齢者は昨年度末時点で117名(男性19名、女性98名)いた。昨年は、そのうち希望のあった40名の高齢者の自宅や施設を訪問している。

今年は9月5〜7日、9〜11日の6日間にわたり、区長の訪問が予定されており、区内在住で明治44年(1911年)3月31(日)までに生まれた100歳以上の人のうち希望者に3万円の祝い金が贈られる。

■関連記事
所在不明高齢者問題、厚労省は年金の確認を指示

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ