離床センサー搭載の高齢者施設向け電動ベッド発売

パラマウントベッド株式会社は、2001年の発売以来31万台以上の販売実績を持つ高齢者施設向け電動ベッド「カリストシリーズ」をフルモデルチェンジし、「カリスト エールシリーズ」として9月1日より発売する。

今回、新たに搭載したのが、ベッド本体に内蔵されたセンサーによって利用者の動作を検知するシステム「離床キャッチ」。起き上がりや離床など、4種類の動作を検知設定でき、検知した動作はナースコールシステムを通じて通知。利用者がベッドから離れる前の段階で気づくことで、介助者なく離床することによる転倒の回避などに利用できる。

介護者の負担軽減を図るため、最低床高は低床25cmを維持しながら、最高床高は従来品より5cm高い63cmを実現。より身長の高い介護者も、腰への負担が少ない介助姿勢を取ることができる。また、ベッド動作速度は、介護の状況に合わせて「普通」と「速い」の2段階から選択が可能となっている。

ベッドとサイドレールや介助バーとのすき間は、最新のJIS規格に規定された寸法を満たし、挟み込み事故などのリスクを抑えるよう設計されている。

そのほか、表示機能がついた手元スイッチ、立ち上がりしやすい高さなどを記憶させたポジションで一旦停止させることができるメモリー機能、判掃除の静電気を除去する帯電防止キャスター、週機能を持たせたフットボードなど、療養環境に合わせた機能やデザインの組み合わせは182種類にも及ぶ。
希望小売価格は47万7,750円〜68万7,750円(税込)。

◎パラマウントベッド

■関連記事
・リバーシブルタイプのマットレスをモデルチェンジで新発売――パラマウントベッド
・7ブロック分けしたコントロール自在なマットレス、新発売――パラマウントベッド

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ