栃木県初!福祉用具の日割り料金レンタルサービス

株式会社リアンコーポレーションは、電動ベットや車イスなどの用具について、日割り料金レンタルサービスを実施している。

通常、福祉用具のレンタルは、半月もしくは1カ月での契約が一般的で、ショートステイなどで用具を利用しない期間も料金が発生していたが、日割り契約によるレンタルサービスでは利用者の出費が軽減できるほか、介護保険を利用して用具を借りた場合には行政側の負担も抑えられることから、新たなサービスとして同県内で初めてのサービスの提供を6月より開始した。

福祉用具のレンタル業界では半月、1カ月契約による事業モデルが確立しており、日割り計算にすると事業者の売上が2〜3割減となることなどから、各事業者の日割り契約サービスへのとまどいがある。しかし同社は各メーカーの協力のもと、このサービスを採用してからの業務フローなどを説明会や研修会を開催して、理解、浸透に努めた。

福祉用具レンタルセンターURL: http://utsunomiya-fukushi.com/page8

たとえば、従来どおり1カ月単位での契約でレンタルした場合、月の前半と後半に5日間ずつのショートステイを利用して、自宅不在等で用具を利用しなくても1カ月分の料金が発生する。これに対して日割り契約はショートステイなどで不在の間は用具を利用していないとして計算するため、1カ月間にショートステイを10日間される方は、年間にして120日分の料金の負担軽減となる。
同サービスは6月のサービスの提供開始からこれまでに、年金で暮らしている高齢者の方々から好評を得ており、出費が抑えられた分で歩行器などを借りるなど、さらなる利用につながったケースも数多いという。

同社は8月にも宇都宮市内で説明会を開催し、このシステムの普及に努める。
■日時:8月3日(火) PM14:00〜17:00
■テーマ:日割り契約システム・住宅改修・新商品説明・合同研修会
    ※パラマウントベット協賛
■会場:マロニエプラザ 展示ホール(栃木県宇都宮市元今泉6-1-37)
■問合わせ:株式会社リアンコーポレーション 福祉用具レンタルセンター
TEL 028-678-5092

株式会社リアンコーポレーション

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

注目の用語

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ