東京都、高齢者が道路横断の怖さを疑似体験するCG講習を計画

東京都は、交通事故のない安全で安心な都市東京を目指して、都内の陸上交通の安全を図る「平成22年度東京都交通安全実施計画」を策定し公表した。
都によると交通事故死者数全体に占める高齢者の割合は4割近くに上り、東京都交通安全対策会議で取りまとめた同計画の最重点施策には、「高齢者の交通安全の確保」をあげている。

都では、増え続ける高齢者事故の防止策として「歩行者教育システム」の活用を計画に盛り込んだ。その内容は、高齢者を対象に体験型交通安全講習を開催し、交差点に見立てた大きなマット上を歩いてもらい、道路を横断するときの危険性をコンピューターグラフィック(CG)の映像再現で疑似体験するというもの。市民参加型の体験型講習を開催し、事故の怖さを高齢者に認識してもらうのが狙い。

またその他の高齢者安全対策では、今年4月から施行されている「高齢運転者等専用駐車区間制度」により、75歳以上の高齢者や障害者が官公庁、医療機関、福祉施設周辺に設けられた“専用駐車スペース”を利用できることを周知する一方で、高齢者の運転免許証自主返納制度の普及啓発もすすめるという。

RASE/2010/06/20k6t200.htm"target="_blank">東京都「平成22年度東京都交通安全実施計画」の策定について

■問い合わせ
青少年・治安対策本部総合対策部交通安全課
TEL:03-5388-3127

■関連記事
4月より「高齢者等にやさしい駐車区間」がスタート――警察庁

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

注目の用語

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ