厚労省の「介護支援専門員資質向上事業」について見直しを検討−−内閣府・行政刷新会議

内閣府は行政刷新会議において、厚労省の「介護支援専門員資質向上事業」についての見直しを行なう。
行政刷新会議は、国の予算や制度など、行政全般のあり方を刷新し、国や地方公共団体、民間などの役割を見直しものであるが、具体的には介護支援専門員関係の事業や介護予防事業も見直しの内容に盛り込まれた。

厚労省の事業としては他にも、高年齢者職業相談室運営費や介護サービス適正実施指導事業も検討となる。
介護サービス適正実施指導事業は、介護サービスの資質向上のために、訪問介護員の技術向上研修や、福祉用具住宅改修の知識修得のための研修などを実施するもの。介護支援専門員資質向上事業の見直しと併せて、介護サービス従事者全般の技術向上研修などが見直されることになる。
会議は11月16日に開催し、順次、行政刷新会議ホームページにて評価コメントを掲載する。

・行政刷新会議
・行政刷新会議「事業仕分け」作業スケジュール

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

注目の用語

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ