東京都、インフルエンザの流行を宣言、A香港型多く

東京都は、インフルエンザの流行時期を迎えたと発表した。12月6〜12日までの第49週時点の患者発生数が、流行開始の目安となる1医療機関あたり1.0人の基準を超えたとして、今後の流行拡大に注意するよう呼びかけている。

発表によると、都内29カ所の医療機関においてウイルス検査を実施したところ、直近の第48週(11月29日〜12月5日)で検出されたインフルエンザウイルスは「A香港型(AH3)」が最も多かった。

■無料書式
インフルエンザ施設内感染予防の手引き 平成22年11月改訂
院内感染マニュアル(2010年度)

介護食の基礎知識

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ