H22年ケアマネ試験の合格率は20.5%と過去最低

厚生労働省は12月16日、第13回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について発表した。

発表によると、第13回の受験者数は13万9,959人、合格者数は2万8,703人で合格率は20.5%と過去最低水準となった。
合格者の職種別内訳では「介護福祉士」が最も多く、1万9,602人と68.3%を占める。次いで「社会福祉士」と「相談援助業務従事者・介護等業務従事者」で10.6%、看護師准看護師8.6%と続く。
  
第1回〜第13回の受験者数は累計で175万3,650人、合格者は51万9,838人と50万人を超えた。
受験者数はほぼ前年と同程度なものの318人の減少で、合格率の低下があったことから合格者数も782人の減少となった。合格率20.5%は平成18年度と同じで、平成19年度に22.8%と持ち直したものの、以降、下がり続けている。

■これまでの試験の合格者数など

※表は厚労省発表データをもとに編集部で作成

◎厚生労働省
◎第13回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について

介護食の基礎知識

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ