「戦時中の苦労話を聞かせてほしい」と来る“高額本”の訪問販売

国民生活センターは、「戦時中の話を聞きたい」と、あたかも取材だけが目的であるかのように高齢者宅を訪問し、長時間話を聞き、断りにくい状況にした上で、体験談を載せたと称する本を高額で売りつける、というトラブルが発生していると警告している。

事例として紹介されていたのは、70歳代の男性からの相談で、以下のようなものだった。

「戦時中の苦労話を聞かせてほしい」と、突然男性が来訪した。初めは玄関で対応していたが、メモを取るのに家に入れてくれと言われ、座敷に通した。2時間ほど話した後、「今の話を記事にして載せた本を作るので、買わないか」と急に本の購入を勧められた。6万8,000円と高額だったが、自分の話を長時間熱心に聞いてくれた相手に対し、断るのは悪いと思い、2万円を申込金として支払った。以前出席した行事の名簿を使って、他の出席者にも勧誘をしていたことが後日わかった。不審なので、解約したい。

このほかにも、シベリア抑留時の苦労話、国鉄職員や教員の時の体験談など、本のテーマは様々のようだ。同センターは、このような訪問者があった場合の対応法として、「長い時間、話を聞いてくれたからと言って、相手に遠慮することはありません。必要がなければきっぱりと断りましょう。見知らぬ人を家に上げることに対しては慎重に判断しましょう。 」と呼びかけている。

また、万一契約してしまっても、法律で定められた契約書面を受け取ってから8日以内であればクーリング・オフが可能なので、同様の被害に遭った方は、居住する自治体の消費生活センター等に相談することをすすめている。

■全国の消費センター等の窓口相談

◎国民生活センター 

■関連記事
・「劇場型」「二重被害型」など、巧妙な手口で平均被害額643万円−−「高齢者110番」実施
・悪徳商法に注意! 認知症男性に車ので検眼、メガネを高額販売

介護食の基礎知識

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ