日本介護支援専門員協会、ケアプラン有料化への会員意見を公表

日本介護支援専門員協会(JCMA)は12月1日、居宅介護支援費の利用者負担導入について、会員に実施したアンケート調査の結果をホームページで公表した。JCMAは、ケアプラン作成の利用者負担が素案に盛り込まれた11月19日の社会保障審議会介護保険部会に前後して、11月22日までの約3日間で518件の回答を集めた。

調査結果は、北海道から沖縄まで11ブロック単位でまとめられ、質問項目では「居宅介護支援費の利用者導入負担が導入された場合、仮に1割とすれば、利用者の金銭的な負担は毎月1,000円超増えることになる」として、サービス量がどう変化するかなど「利用者への影響」や「事業所やケアマネジャー自身にどんな影響が出るか」などを聞いた。

JCMAでは、今回公表したアンケート回答は全ての意見を載せきれていないため、今後整理でき次第、順次公開していく予定。

居宅介護支援費の利用者負担導入についてのアンケート

■関連記事
ケアプラン有料化は未決着、賛否両論併記で国会提出!――社保審レポート
ケアプランの利用者負担に木村委員が「断固反対!」――社保審傍聴レポート1

介護食の基礎知識

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ