70歳以上の安全運転装置の購入費を9割補助―東京都、31日から

高齢ドライバーによる交通事故が社会問題となる中、東京都は、70歳以上の都民を対象に、自家用車に安全運転支援装置を取り付ける際の費用を9割補助する制度を始める。補助の上限額は1台当たり10万円で、購入者は4000~1万円程度の負担で済む。今月31日から受け付けを開始し、来年3月末まで利用できる。

対象は、1950年4月1日以前に生まれた都内在住者で、装置を取り付ける車の車検証の「所有者」または「使用者」であることが原則。ただ、例えば、子どもが持つ車に装置を付けることなども考えられるため、申請者の運転免許証の住所が車検証上の住所と同じである場合も利用できる。補助を受けられるのは、アクセルの踏み間違いなどによる急加速を抑えるタイプの装置。

取り扱い事業者は、トヨタやダイハツの販売店、イエローハット、オートバックスセブンで、都内の約360店舗が対象となる見通し。制度を利用する際は、車に装置が取り付けられるかどうかを事業者に確認してもらう必要がある。

◎都のホームページ

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ