短期入所生活介護 要支援・要介護

ショートステイとも言われ、普段は自宅で暮らす高齢者が、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)など福祉系の施設に泊まり、食事や入浴、レクリエーションなどのサービスを受けます。
介護する家族の病気や出張での不在の際や、休息(レスパイトケア)にも利用されます。
なお、ショートステイを連続して利用できるのは原則30日間までです。
※医療的な管理が必要な時に利用する「短期入所療養介護」もあります

費用の目安:自己負担額(1~3割負担)

1日700円(併設型・多床室)
※要介護2、自己負担額1割の場合の目安

ショートステイの選び方

介護する家族の状況によっては1週間以上滞在することもあるので、施設の選択は重要です。できれば事前に見学し、自分の目で確かめるのがよいでしょう。
また、介護保険サービスのなかでもショートステイの人気は高く、満室で利用できないこともあります。介護者の急病時などは、緊急時の受け入れ態勢がとれる施設もあるので、ケアマネジャーに相談しましょう。

介護食の基礎知識

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ