親が自宅で倒れたり転倒したら、誰しもパニックに陥るものです。
もしものときに備え、緊急時用のメモを用意し、保険証などと一緒に保管しておきましょう。救急隊員や医師に必要な情報が伝わり、すぐに適切な処置をしてもらうことができます。

緊急時用メモに記載すること

  • 名前
  • 生年月日
  • 血液型
  • 治療中の病気
  • 服用中の薬
  • かかりつけの医療機関・連絡先
  • かかりつけ医の氏名
  • 病歴
  • アレルギーの有無

メモは電話の近くに貼っておくとよいでしょう。救急車を呼ぶときに必要なことをもれなく伝えることができます。
また、メモのコピーを保険証の保管場所にも一緒においておきましょう。
親と離れて暮らしている家族も、コピーを控えておくといざというときに役立ちます。

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ