播種性血管内凝固症侯群

基礎疾患により、血液の凝固状態が過度に亢進し、血管内に微小血栓が多発するため、腎臓などの重要な臓器に障害が起き、また過度の凝固により血小板や凝固因子が消費され、結果として出血傾向が起きること。一度発症すると治療が困難で、死亡率が極めて高い、危険な状態となる。

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ